炊き込みご飯やピラフは、それだけでおかずがいらないですから、とても便利な簡単レシピですよね。
いろいろな具を使ったレシピがありますが、アサリを使うことによって、ダシがよく出ますし、殻がついているアサリはボリューム感もたっぷり。
見た目にも豪華な1品ですが、とても簡単なレシピで作ることができます。

ご飯2カップあたりの材料
・殻つきのあさり・・・・・300グラム前後
・お米・・・・・2カップ
・タマネギ・・・・・半分
・にんじん・・・・半分
・にんにく・・・・・少々
・パセリ・・・・・少々
・お水・・・・・600CC
・コンソメ・・・・・2個
・オリーブオイル・・・・・少々
・お酒か料理酒か白ワイン・・・・・少々
・塩こしょう・・・・・少々

たまねぎ、にんじんはみじん切りにして、アサリは砂抜きしたら、水にあげておきます。
砂抜きの際、アサリの殻同士をこすり合わせて汚れをおとしておきます。
準備として、水を温めてコンソメを溶かしておきます。
フライパンを熱し、にんにくのみじん切りをオリーブオイルでいためます。
たまねぎ、にんじんを入れ、しんなりさせます。
アサリを入れて、お酒かワインを入れ、蓋をします。
アサリの口が開いたら、洗っていない米をそのままいれ、混ぜ合わせます。
お湯で溶いたコンソメスープを流し入れ、塩こしょうをし、沸騰したら弱火にして15分。
さらに、15分、蒸らしたら完成です。
お米に芯があるようでしたら、さらに弱火で数分加熱して様子をみましょう。
このようにピラフはお米を洗わないで調理します。
簡単レシピですが、アサリのダシがご飯にうつり、とても美味しいピラフが出来上がります。
おかずいらずの一品で、あとはお吸い物などがあれば十分でしょう。

カレールウを入れ、溶かして、牛乳を加えたら出来上がりです。
今回、ジャガイモは入れていません、召し上がるならマッシュポテトをカレーに添えてもよいでしょう。
冷凍するなら、ジャガイモは抜きにしたほうがよいですね。
カレー味にしっかり煮込まれた鶏肉がおかずにもなるレシピです。
カレーとしていただくほかにも、次の日に鶏肉だけをおかずとして出してもよいでしょう。
ご飯にも合いますが、パンにも良く合うカレーです。
ボリュームがあるので、おもてなしには大きな器で出しても見栄えがするおかずだと思います。
添え物としては、シンプルに福神漬けなども合いますし、ピクルスと一緒に召し上がっても美味しいです。
生野菜を切っただけ、簡単レシピで作ることができる生野菜サラダなどを添えてもよいでしょう。
簡単レシピの「手羽先カレー」ですが、時間をかければ、もっと美味しくすることも可能です。
手羽先を煮込む時間が長くなればなるほど、美味しく柔らかく仕上がります。
下ごしらえの段階、ルウを入れる前はスープになりますから、それもつかいまわすことができますので多めに作っておいて手羽先のスープのベースにしてもよいでしょう。
そこへ野菜などを入れれば、別の日に簡単おかずとして、野菜と手羽先のスープを出すことができますね。
下ごしらえの時に取り置けば、別のおかずのベースにもなりますので、試してみてくださいね。
特に食欲が落ちる夏場などには、カレーが食欲をそそります。
このがっつりとした簡単レシピ「手羽先カレー」を食べて、夏に負けないようにしたいですね。

手羽先は焼いても煮ても美味しいですから、おかずとしてもいろいろ使われていると思います。
今回の「手羽先カレー」は、肉を柔らかく煮込みますから、骨もはがれやすく、口の中でとろける鶏肉がたまりません。
骨からもうまみがたっぷり出てくるので、普段のカレーとはちょっと違った感動です。
ご家族も気に入ってくれたら、是非、おうちのカレーレパートリーに入れてほしい一品です。
それぞれのおうちのカレーレシピは、お使いになるカレールウによっても味が多少、違ってきますよね。
今回、簡単「手羽先カレー」に使うルウは、どのルウでもよいのですが、味も普段とちょっと変えたいのなら、いつも使っているルウではないもので挑戦してみると良いでしょう。
ブイヨンがついている本格的なカレールウもありますので、それを使えばコンソメなどは使わなくても大丈夫です。
個人的にはジャワカレーなど大人向きの辛いカレーが合うと思いますが、お子さん向きのレシピではなくなります。

では、簡単おかず「手羽先カレー」の作り方です。
手羽先は、塩コショウをしておきます。
玉ねぎ、にんじんを細かめに切り、にんにく、しょうがはみじん切りにしておきます。
フライパンを用意し、にんにく、しょうがを、軽く熱したオリーブオイルでいためます。
そこへ手羽先を入れ、塩コショウをしながら、しっかりと両面に焼き目を漬けるように焼いていきましょう。
特に皮のほうは、キツネ色になるまでしっかりと焼きます。
たまねぎを入れてしんなりするまで、じっくりと炒めます。
にんじんを入れ、さらに、ワインを入れ、数分間、炒め続けます。
トマト缶を加え、濃さをみながらお好みで水を入れて煮込みます。
コンソメ、トウガラシも入れましょう。
30分以上、煮込みます。
時間があればもっとゆっくり煮込んでもオッケーです。

カレーと言えば、みなさんのおうちでも定番の簡単メニューでしょう。
カレーをメインにすれば、おかずも作らなくて良いですしね。
子供も大人もカレーは大好きですから、1ヵ月に一回はカレーを作るというおうちも多いのではないでしょうか。
それに、一度にたくさん作って冷凍することも出来ますから、1人暮らしの方でも余らせてしまう心配はありません。
簡単に作ることができる料理の定番でもありますし、ご家庭によってそれぞれの味もあります。
カレーは多くの方に愛されているおかずの王様でしょう。
さて、いつものカレーに飽きてしまったら、ちょっと変わったレシピで作ってみることもよいと思います。
例えば、豚肉ばかり使っていたおうちでしたら、鶏肉に変えてみるだけでも味が変わりますし、また手羽先を使ってみることで見た目も変わります。
ここでは、簡単なレシピながら、見た目もおなかも大満足な「手羽先カレー」のご紹介をしたいと思います。
ゴロっとした手羽先が入っているカレーは、まるでレストランで食べているような雰囲気です。

「手羽先カレー」
材料4人分
・カレーのルウ・・・・・4人前
・鶏肉の手羽先・・・・8本
・たまねぎ・・・・・1個
・にんじん・・・・・1本
・にんにく、しょうが・・・・適量
調味料
・トマト缶・・・・・1缶
・牛乳・・・・・300CC
・唐辛子・・・・・2本
・ワイン・・・・・少々
・オリーブオイル・・・・・適量
・塩こしょう・・・・・適量
・コンソメ・・・・適量

簡単おかず「夏野菜の簡単ラタトゥーユ」の作り方です。
ナスはピーラーで、ところどころ、皮をむいたら、大きめに切って水にさらしておきます。
タマネギ、パプリカ、ピーマンは一口大に、ズッキーニはスライスしておきます。
ベーコンはお好きな大きさに、ニンニクはみじん切りにしておきます。
ナスの水をキッチンペーパーなどでしっかりふき取って置きます。
フライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、ニンニクを入れて焦げないようにいためます。
なすを入れ、続けていためます。
なすがしんなりしてきたら、ベーコン、玉ねぎ、パプリカ、ピーマンを入れていためます。
トマト缶とズッキーニを入れ、さらに煮詰めます。
コンソメとワインを加え、味を見ながら、砂糖とケチャップで調整します。
子供さんは本格的なトマトソースよりも、やや甘目が好きなので、ケチャップを入れて整えます。
弱火にして、蓋をし、15分ほど煮込んだら出来上がりです。
グラタン皿のようなやや深いお皿に盛り付け、お好みでパルメザンチーズを散らします。
ご飯のおかずにも、もちろん、合いますが、パンなどはもっと合いますので、添えるならフランスパンなどがおすすめです。
パスタやマカロニを添えてもよいでしょう。
今回はベーコンを使ったレシピを紹介していますが、「チキンのトマト煮」も、同じレシピでベーコンを鶏肉に変えるだけ、簡単に作ることができますので、お試しください。
「夏野菜の簡単ラタトゥーユ」はワインにも合いますので、お客さんが来た時にも堂々と出せるイタリア料理でしょう。

夏野菜は身体にもよいですし、やはり、その季節の旬のものを頂きたいですよね。
たっぷりと夏野菜を使ったレシピは、カロリーも低く女性には嬉しいおかずになるでしょう。
例えば、なすなどの夏野菜をトマトで煮込むとラタトゥーユになります。
ご飯にも合うおかずですし、パスタにもぴったりです。
わりと簡単ですが、とてもオシャレに見えるお料理なので、おもてなしメニューに使っても良いでしょう。
今回、ご紹介したい簡単レシピは、お野菜のうまみがぎゅっと詰った「夏野菜の簡単ラタトゥーユ」です。
煮込みメニューは前の日に作っておくことも出来ますから、お仕事で遅くなりそうな時は、前の夜に作っておいてもよいですね。
ナスを炒めて作るレシピですが、ナスは揚げてから作っても美味しいです。
その分、油を吸っていてカロリーは高めになりますが、気にしないという方には揚げてからナスを使うこともおすすめです。
お子さんがいらっしゃるおうちは、ベーコンを多めにしたほうが、子供たちのおかずとして喜ばれます。
次の日はパスタにアレンジしてもよいですね。

「夏野菜の簡単ラタトゥーユ」
材料4人分
・なす・・・・・4本
・トマト缶(カット)・・・・・1缶
・たまねぎ・・・・・2個
・ズッキーニ・・・・・半分
・ブロックベーコン・・・・・適量
・ピーマン、赤、黄色のパプリカ・・・・・適量
・にんにく・・・・少々
調味量
・オリーブオイル・・・・・大さじ6杯
・ケチャップ・・・・・適量
・塩こしょう・・・・適量
・砂糖・・・・少々
・赤ワイン(あれば)・・・・適量
・コンソメの素・・・・適量

冷ご飯は水で洗うと、ご飯がべたつかず、炒めてもパラパラになりますのでチャーハンにもおすすめです。
炊きたてのご飯でしたら、ボウルに入れ、冷まして置きましょう。
では、ケチャップライスを作ります。
まず、ニンニクとタマネギをみじん切りにします。
フライパンを熱して、オリーブオイルとニンニクをいれます。
ニンニクが焦げない程度に炒め、ひき肉、タマネギを入れて炒めます。
次に調味料を入れて、5分ほど煮詰めて、トマトソースを作ります。
このトマトソースはミートソースとしても使えますので、たくさん作って冷凍してもよいですね。
ここまでの手間が省略できますから、さらに簡単になります。
トマトソースへ、ご飯を入れ、混ぜながら、炒めます。
木ベラなどで縦に切るように混ぜるとベタベタになりにくいでしょう。
今回は卵で包まず、ケチャップご飯を器にあらかじめ盛り付けておきます。
卵2個と牛乳を少々入れ、塩こしょうをし、油を敷いたフライパンに流します。
半熟状態になったら、ご飯の上にそっと乗せたら、出来上がり、とても簡単なレシピですよね。
ソースはケチャップのほかにも、マヨネーズや、オーロラソース、からしマヨネーズ、醤油マヨネーズもおすすめです。
オムライスは、簡単レシピでおかず要らず、ランチでも夕食でも使えるメニューですから、おかずに困ったら是非!
また、オムライスの上にかけるものは、一般的にケチャップが定番ですが、ソースとして上にかけるものを変えれば、違った味が楽しめてレパートリーが増えますのでお試しくださいね。

子供も大人も大好きな定番の簡単レシピと言えば、オムライスです。
どこのご家庭でもたまに作る定番メニューでしょうが、オムライスの便利なところは、まず、おかずがいらないこと。
これだけでメインになりますから助かります。
ディナータイムなら、スープやサラダを添えれば十分ですおね。
また、残り御飯を使って出来るレシピですし、家にある材料だけでも作ることができますから、主婦としてはお助けメニューですよね。
おかずに悩んだ時には、冷凍の御飯を使ってオムライス!
冷蔵庫の整理にもなりますし、炊飯器のなかに残ったちょっと色が変わった御飯でも大丈夫です。
また、冷凍ご飯ではなく炊き立ての御飯でもオッケーです。
その場合は炊きたてより、少し時間を置いたほうが水分はとぶので炒めやすくなります。

「簡単オムライス」
4人分の材料です。
・ご飯・・・・・4人分
・ひき肉・・・・・300グラム
・たまねぎ・・・・・1個
・にんじん、ピーマン・・・・適量
お好みでミックスベジタブルを入れてもよいでしょう。
・ニンニク・・・・・少々
・卵・・・・・8個
調味料
・トマトソース・・・・・500グラム
・オリーブオイル・・・・・少々
・お酒、または白ワイン・・・・・少々
・塩こしょう・・・・・適量
・ケチャップ・・・・・適量
おかずがいらない「簡単オムライス」の作り方です。
解凍したご飯、または、冷ご飯でしたら、あらかじめ水で洗ってぬめりを取っておきます。
水分を切り、冷蔵庫でご飯を冷やして置きます。

簡単おかず「ボリューム厚揚げ豚丼」の作り方です。
厚揚げを2センチほどに切り、お湯をかけて油を落としたら、水をしっかり切っておきます。
豚バラ肉は塊でしたら、薄く切り、さらに食べやすいサイズに切ります。
ネギは、トッピング用にシラガネキを作っておきましょう。
卵はゆでて半分に切ります。
フライパンに、油を敷いて、厚揚げを焼きます。
表面に焦げ目がついたら、ひっくり返してまた焦げ目をつけます。
豚肉をフライパンに入れ、一緒に炒めます。
塩コショウをふります。
豚肉が焼けたら、いったん肉だけを取り出し、タレの調味料をフライパンに入れて煮詰めます。
タレが4分の1くらいの量まで煮詰まったら、また豚肉を戻しタレと絡めます。
あまり焼きすぎると豚肉が固くなりますので、ちょっと面倒ですが、いったん、豚肉を取り出してくださいね。
簡単なレシピのおかずなのですが、コツとしてここだけは押さえておいてほしいです。
出来上がったものを御飯の上に乗せて、ゆで卵と白髪ネギを散らしたら出来上がりです。
タレの味はご家庭によって好みがあるでしょうから、煮詰める前に味見をしたほうが良いです。
すき焼きのタレなど市販のものを使うと、もっと簡単に出来ますので、忙しいときは市販のタレを活用してもよいでしょう。
冷めても美味しい簡単レシピなので、夕食のおかずだけではなく、お昼のお弁当にも活躍します。
みなさんが大好きなすき焼き風に仕上げるので、子供も大人も喜んで食べてくれるでしょう。
特に、食べ盛りのお子さんにも喜んでもらえるボリュームどんぶりレシピです。

夕食のおかずで頭を悩ます主婦は多いです。
毎日のことですから、おかずもマンネリ化してきますし、簡単なものばかり作っていると家族からブーイングが出ることもあるでしょう。
専業主婦の方はお料理にかける時間もあると思いますが、お仕事をされている方ですと、やはり、手軽に出来るおかずは助かります。
そこで活躍するお料理がどんぶりものでしょう。
どんぶりものは、それだけでおかずがいらないですから、主婦としても助かりますよね。
どんぶりもののレシピをいくつか覚えておくと、忙しいときなどに便利です。
今回、ご紹介するのは、豚丼でも、厚揚げを加えてさらに食べ応えを出した「ボリューム厚揚げ豚丼」です。
誰でも簡単に作ることができるレシピですし、ただの豚丼ですと手抜きだと思われてしまいますが、これなら大丈夫。
厚揚げを加えることによって、ひと手間かかっていますし、すき焼きと味が一緒でも具が違いますからね。

「ボリューム厚揚げ豚丼」
材料4人分
・豚肉(バラ切り落とし)・・・・・300グラム
・ご飯・・・・・4人分
・厚揚げ・・・・・2枚
・ネギ・・・・・適量
・卵・・・・・2個
・塩こしょう・・・・・適量
お好みでシラタキを入れてもよいでしょう。

タレ用調味料
・お水・・・・・200CC
・しょうゆ・・・・・50CC
・みりん・・・・・50CC
・お酒・・・・・50CC
・さとう・・・・・大さじ3杯
・だしの素・・・・・大さじ1杯
タレ作りが面倒な方は、簡単なすき焼き用のタレや、めんつゆで代用してください。

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY